雑記

【オススメ】カニをネットで買う時の注意点!安くて信頼出来るショップをご紹介!【蟹】

カニをネット通販で買う時の注意点!

 

どうも、キリログ(@KiRi_LOG_BRZ)です。

 

今回は私が約10年以上、毎年年末になると購入している「カニ」をネットで買う時の注意点と、オススメのショップをご紹介します。

 

ネットで家電や衣服を購入することに抵抗はなくとも、魚介類などのナマモノを購入するのは、なんとなくちょっと抵抗を感じる人も少なくないと思います。

 

私も最初は色々失敗しましたが、さすがに10年も毎年買っていると「気をつけるべき点」というものが何となく身につくものです。

 

今回は、その『カニをネットで買う時の注意点!』とオススメのネット通販ショップをご紹介します。

 

この記事でわかること

  • カニをネットで買う時の注意点!
  • オススメのカニ ネット通販ショップをご紹介!
  • 「ふるさと納税」でカニを安く買う(貰う)!

カニ(蟹)をネット通販で買う時の注意点!

 

約10年以上、毎年ネットでカニを購入している私が身を持って経験し、購入するカニを選ぶ時には必ず気をつけている注意点をご紹介します。

 

通販サイトのカニの写真に騙されるな!

カニをネット通販で買う時の注意点!・写真に騙されない!

 

毎年お世話になっていて言うのもなんですが、特に楽天さんですw

 

写真が多くて『商品をイメージしやすい』という点では評価できますが、単純に商品画像が見たい時はちょっと見づらいことがあります。特に今回のような「カニ」などの食べ物系の商品の場合は注意が必要です。

 

贈答品として購入する場合はパッケージのデザインも重要ですが、自分用や家族用に購入する場合は『実際に箱に入っている商品(カニ)がどんな感じなのか?』が一番知りたい部分だと思います。

 

最近では少ないですが、商品購入ページでこの『商品内容』が分かるサンプル写真がないショップでの購入は要注意です。

 

私の場合は、よほど評価が高いショップでないかぎり、商品内容の写真がないショップでは購入しません。どうしても知りたい人はショップに問い合わせてみましょう。

 

ネット通販の『カニの肩肉』はかさ増し!(にしか思えない)

カニをネット通販で買う時の注意点!・肩肉はかさ増し

 

私が最初にネットで購入したカニは家族4~5人分で約1Kg。

 

初めての購入だったため、比較対象は単純に量と値段。

 

コスパ重視で量が多くてその中でも値段が安い商品を探して購入しました。

 

ものとしては、美味しいカニでしたが、量(重さ)の大半を締めていたのは『肩肉』。

 

確かにカニの肩肉からは良いダシが出ます。締めの雑炊は最高です。

 

でも、肩肉はとにかく食べづらい!

 

世間一般的に「カニ」と言われて想像するのは足や爪の部分。

 

食べやすい部位だけあって、家族で食べると足や爪なんてあっという間になくなります。

 

で、最後に残るのは肩肉。食べにくという事もあって、残りがち。

 

正直って「どうせだったらこの肩肉の量と同じ量の足か爪を入れて欲しい・・・。」と思ってしまうのが自然です。

 

パッケージを開けた時、トレイの半分が肩肉で締めているのは、正直ちょっとテンションが下がります・・・。

 

『カニを堪能したい!』『カニをいっぱい食べたい!』という人は是非「肩肉が入っていないカニ」の購入を強くオススメします。

 

 

「カニ1匹まるごと」よりも『足の数』で選べ!

カニをネット通販で買う時の注意点!・1匹よりも脚の本数で選べ!

 

商品のタイトルに「カニ一匹まるごと!」と記載されている商品は数多く存在します。

 

「一匹まるごと!」というフレーズはなかなか魅力的な響きですが、購入する場合は注意が必要です。

 

肩肉とほぼ同じ理由&考え方ですが「家族でカニを楽しみたい!」など複数人でカニを楽しみたい人は「カニ一匹まるごと!」よりも足の数(=食べられる量)を優先した方が良いと思います。

 

カニ一匹まるごとの場合、甲羅を剥ぐなど下処理を全て自分でやらなければならないので、正直って面倒ですし食べ難いです。

 

もちろん「カニ味噌が食べたい!」という人にとっては「一匹まるごと」は魅力的な商品だと思いますし、選択肢の一つです。

 

ただ、最近ではあらかじめ食べやすく下処理がされているものが多く、子供や老人も一緒に食べる場合は、食べやすく加工されている商品の購入をオススメします。

 

 

安くてオススメ!カニ(蟹)のネット通販サイト!

カニをネット通販で買う時の注意点!・オススメのネットショップ

 

個人的にオススメなのが、カニの通販サイトとしては知名度バツグン、カニ通販量は日本国内1位の『かに本舗』さん。

 

私も何回も購入経験があり、実際に今年もお世話になっています。「ネットでカニを初めて買う」という人は、とりあえず「かに本舗」さんがおすすめです。

 

カニ本舗でオススメの肩肉なし!脚肉のみの商品

カニをネット通販で買う時の注意点!・オススメのネットショップ・商品画像

引用:カニ本舗

 

個人的にオススメなのが『3L~2L生ずわい蟹「かにしゃぶ」脚肉むき身 1kg超 』という商品。

 

肩肉なしの脚肉のみ!しかも殻が剥かれた状態で届くので、解凍すればすぐに調理できるので手間いらず!年末の寒い時期に水仕事は辛いですかね。

 

家族3~4人でカニを手軽に楽しみたい!という人に是非オススメです!

 

\ かに本舗 /

¥1,000OFFクーポンGET!

ネットショップ大賞 9年連続1位!

 

楽天市場でも『肩肉なし!脚肉のみ!殻剥き不要!』の安くてオススメのカニをご紹介!

 

専用ショップではなく、日頃使い慣れているネットショップで購入したい人には、「楽天市場」で購入できる2つの商品がオススメです。

 

 

両方とも「肩肉なし」「脚肉のみ」「殻剥き済み」と条件は一緒なので、ご自分にあったものをご検討下さい。

 

また、楽天市場で購入を考えている人は、是非「ROOM」経由で購入して下さい。

 

「ROOM」を経由すれば楽天ポイントが「+2倍」になります。

 

\ 楽天ポイント+2倍 /

ROOM経由で購入する。

ROOMからのお買い物でもっとお得に!

 

ROOM すきなモノが見つかる楽天のショッピングアプリ!

ROOM すきなモノが見つかる楽天のショッピングアプリ!

Rakuten, Inc.無料posted withアプリーチ

 

自分で作成したROOM経由で購入してもポイント倍数は変化しません。

 

人気の「ふるさと納税」でカニを安く買う!

カニをネット通販で買う時の注意点!・ふるさと納税という選択肢

 

ただカニを購入するだけでなく、節税を兼ねて「ふるさと納税」で購入するのもありです。

 

ある意味、最も安くカニを購入する手段としては「ふるさと納税」が一番かもしれません。

 

ふるさと納税とは?

ふるさと納税とは、あなたが応援したい自治体に寄付ができる仕組みのことです。手続きをすると、税金の還付・控除が受けられるため、実質自己負担額は2,000円(※)のみ!

さらにお礼品として、自治体から特産品や宿泊券などをもらえる、とてもうれしい制度です。

※控除上限額の範囲内で寄付すると、2,000円を超える部分の金額が控除または還付されます。

引用:さとふる

 

「ふるさと納税って難しそう・・・」と思う人もまだまだいるかもしれませんが、簡単に言えば自身の年収に対して算出された上限額(私の場合は1~2万円)の範囲で地域に寄付金を支払い。寄付した所からお礼として何かしらの商品を貰う、というもの。

 

例えば、私が北海道に1万円付与してお礼としてカニを貰った場合。付与した1万円の内約8,000円は「住民税」として前払いした形となります。そのため、私は『実質約2,000円でカニを購入できた!』ということになります。

 

寄付する地域は自分の住んでいる場所でなくても問題ありません。私は関東在住ですが、毎年関東以外に付与しています。

 

ふるさと納税は「さとふる 」や「楽天市場」でもふるさと納税が可能です。自身の寄付の上限額は各サイトでシュミレーションによって算出出来るので、一度覗いてみてはいかがでしょうか?

 

サラリーマンでも出来るお手軽節税!

今すぐ申し込む

実質負担額¥2,000!?

 

まとめ

 

年末の寒い季節。実家に帰省する方は、お見上げにカニを贈って家族でカニ鍋でも食べながら、年の瀬をゆっくり過ごすのはいかがでしょうか?

 

確かに普段の買い物よりはちょっとカニは値段の張るものですが、年に1度のお楽しみとして、自分へのご褒美、または大切や人や家族へのお礼としてもいいかもしれません。

 

以上、有難うございましたm(_ _)m

  • この記事を書いた人

KiRi

現役貧乏サラリーマン。仮想通貨をきっかけに投資に興味を持ち、現在では「iDeCo」や「つみたてNISA」など堅実な投資に勤しむ。貪欲に図太くしぶとく生きることが目標。

-雑記
-, , ,

Copyright© KiRi-LOG , 2020 All Rights Reserved.