KiRi-LOG

貧乏サラリーマンが現代社会を生き抜くために、節約とか副業とか投資とか色々やっていく有様を記録していくブログ。

技術メモ

【Windows10】オーバーレイアイコンの表示されない問題の解決法。TortoiseGit/DropBox/Google Drive/OneDrive【共存化】

【Windows10】オーバーレイアイコンの表示されない問題の解決法

 

どうも、キリログ(@KiRi_LOG_BRZ)です。

 

今回は仕事でも使っている「TortoiseGit」をアップデートすると「Dropbox」や「Google Drive」などのクラウドストレージでも使用している”オーバーレイアイコン”が消えてしまう問題が発生します。

 

今回は「TortoiseGit」と「DropBox」や「Google Drive」などのオーバーレイアイコン使用するアプリとの『共存化』をするための自分用の備忘録です。

 

本記事では「Windows10」上での設定方法を記載しています。

 

大まかにやることの流れ / オーバーレイアイコンの変更方法

本記事では主に下記3ステップを実施します。

簡単な流れ

  • ①現状オーバーレイハンドラーに登録されている内容を確認する。
  • ②各項目を確認して、不要と思われるレジストリを削除する。
  • ③PCを再起動して、オーバーレイアイコンが正しく表示されている確認する。

 

注意ポイント

本記事はあくまで自分用です。

各自の環境によって対処する内容が微妙に異なる場合があるため、自分の環境をよく確認してから、参考程度に読んで頂けると幸いです。

かつ、何があっても自己責任で宜しくお願いします。

 

 

①オーバーレイアイコンの登録件数を確認する。

step
1
TortoiseGitの設定画面を開く。

TortoiseGitの「設定」を開いてツリーの「アイコンオーバーレイ」の『オーバーレイハンドラー』を開きます。

 

step
2
オーバーレイハンドラーの登録件数を確認する。

開いたら下記画像の「現在XX個のオーバーレイハンドラーがインストールされています。」と記載されている部分の個数を確認して下さい。

 

Windowsの場合、オーバーレイハンドラーは最大15個登録可能です。ただしシステム側で4つは使用しているらしく、事実上11個が最大登録件数です。

 

かつ、設定画面に表示されている個数は「TortoiseGit」の登録数を除く個数のため、最終的にはXXを11個未満にする必要があります。

 

 

レジストリエディタから不要なオーバーレイハンドラーを削除する。

step
3
レジストリエディタを開く。

管理画面の「レジストリエディタを起動する」のボタンを押す。

 

エディタが開いたら必ず下記フォルダを開いていることを確認して下さい。

コンピューター\HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Explorer\ShellIconOverlayIdentifiers

 

「ShellIconOverlayIdentifiers」の中のフォルダの数がオーバーレイアイコンの登録個数となります。※ステップ2で確認した個数よりもフォルダ数は多いです。

注意ポイント

ここからはレジストリを変更する作業となります。間違って関係のないフォルダやデータを削除しないよう注意して下さい。

 

 

不要なオーバーレイハンドラーのレジストリフォルダを削除する。

step
5
システムで使用しているフォルダを確認する。

 

ざっくり見た感じWindows10では「EnhancedStorageShell」だけっぽい?

 

Windows7の時は4つありましたが、10になって変わったみたいですね。

 

レジストリのフォルダ名の先頭にスペースを追加して優先順位を変更する、という方法もありますが、個人的には「どんなにあがいても15個以上は表示できないなら、削除してしまえ!」という少々暴力的な結論に達して削除の方法を採用しています。

 

step
6
削除するフォルダ(オーバーレイアイコン)を選ぶ。

削除するオーバーレイアイコンを選びます。私の場合、30個のフォルダがあるため約半分以上は削除する必要があります。

 

登録個数を増やせればこんなことをする必要はありませんが、増やすことは不可能なので、ここから優先順位を決めて間引く以外方法がありません。

 

私の環境では「TortoiseGit」「DropBox」「GoogleDrive」「OneDrive」がオーバーレイアイコンを使用しています。

 

各レジストリは以下のオーバーレイアイコンを表しているらしいです。

 

DropBox

  • DropBoxExt01 : 同期完了(緑のチェックマーク)
  • DropBoxExt02 : 同期進行中(青のサイクルマーク)
  • DropBoxExt03:ロックしているデータの同期完了
  • DropBoxExt04:ロックしているデータの同期進行中
  • DropBoxExt05:同期失敗(赤のバツマーク)
  • DropBoxExt06:ロックしているデータの同期失敗
  • DropBoxExt07:ファイル又はフォルダが同期されていない
  • DropBoxExt08:ロックしているファイル又はフォルダの動機がされていない
  • DropBoxExt09:???
  • DropBoxExt10:???

 

GoogleDrive

  • GoogleDriveBlacklisted:ブラックリスト?※同期しないデータ?
  • GoogleDriveSynced: 同期済み
  • GoogleDriveSyncing:同期進行中

 

TortoiseGit

※下記は推測も入っているため、ご注意を。

  • Tortoise1Normal:通常(同期済み)
  • Tortoise2Modified:変更あり
  • Tortoise3Conflict:矛盾?競合?
  • Tortoise4Locked:ロック(変更不可?)
  • Tortoise5ReadOnly:読み取り専用
  • Tortoise6Deleted:削除済み
  • Tortoise7Added:追加済み
  • Tortoise8Ignored:無視
  • Tortoise9Unversioned:バージョン管理外

 

OneDrive

  • OneDrive1 – ErrorOverlayHandler Class
  • OneDrive2 – SharedOverlayHandler Class
  • OneDrive3 – UpToDateCloudOverlayHandler Class
  • OneDrive4 – UpToDatePinnedOverlayHandler Class
  • OneDrive5 – SyncingOverlayHandler Class
  • OneDrive6 – ReadOnlyOverlayHandler Class
  • OneDrive7 – UpToDateUnpinnedOverlayHandler Class

引用:Which OneDrive icon/status is for which Icon Overlay Identifier name?

 

実際に私が削除したレジストリのフォルダ

 

※あくまで参考程度に考えて下さい。

 

DropBox

  • DropBoxExt03:ロックしているデータの同期完了
  • DropBoxExt04:ロックしているデータの同期進行中
  • DropBoxExt06:ロックしているデータの同期失敗
  • DropBoxExt07:ファイル又はフォルダが同期されていない
  • DropBoxExt08:ロックしているファイル又はフォルダの動機がされていない
  • DropBoxExt09:???
  • DropBoxExt10:???

 

削除理由

  • ロックしているデータがない。(03~06,08)
  • 同期状態は同期済みアイコンの有無で判断できるため。(07)

 

Google Drive

  • GoogleDriveBlacklisted:ブラックリスト?※同期しないデータ?
  • GoogleDriveSyncing:同期進行中

 

削除理由

なくてもなんとかなりそうだったから。

 

OneDrive

  • OneDrive2(共有)
  • OneDrive4(ピン留め?)
  • OneDrive5(同期中)
  • OneDrive7(ピン留め解除済み?)

 

削除理由

OneDriveをメインに使っていないため、必要最低限のみ残して残りは削除。

 

TortoiseGit

  • Tortoise8Ignored :無視
  • Tortoise9Unversioned : バージョン管理外

 

削除理由

無視もバージョン管理外もソフトの初期設定の段階で無効になっているため不要と判断し削除。

 

Windows 64bit版の注意点

今市販されている殆どのパソコンは64bitなので、ほぼすべての人が該当すると思います。

 

64bitの場合、下記にも同じフォルダが存在します。こっちでも上記で削除したフォルダと同じ名前のフォルダを削除して下さい。

コンピューター\HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\WOW6432Node\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Explorer\ShellIconOverlayIdentifiers

 

選んだフォルダを削除したら一旦PCを再起動して、オーバーレイアイコンがしっかり表示されているかどうかを確認して下さい。

 

削除が完了するとTortoiseGitの設定画面の個数が減ります。

 

 

まとめ / オーバーレイアイコンが表示されなくなった時の対象方法

 

オーバーレイアイコンを使っているソフトをアップデートするたびに削除しているので、正直面倒くさい・・・。

 

マイクロ・ソフト様。

どうかオーバーレイアイコンの最大登録個数を増やして下さいお願いします(・人・;)

 

バッチファイルを作ったらアップしようかな?

 

以上、有難うございましたm(_ _)m

  • この記事を書いた人

KiRi

現役貧乏サラリーマン。仮想通貨をきっかけに投資に興味を持ち、現在では「iDeCo」や「つみたてNISA」など堅実な投資に勤しむ。貪欲に図太くしぶとく生きることが目標。

-技術メモ
-,

Copyright© KiRi-LOG , 2019 All Rights Reserved.