KiRi-LOG

貧乏サラリーマンが現代社会を生き抜くために、節約とか副業とか投資とか色々やっていく有様を記録していくブログ。

自動車

【落ちない!】オススメの車載用スマホホルダー『SmartTap』/ カーナビアプリも最適!

投稿日:

 

どうも、車好きのキリログ(@KiRi_LOG_BRZ)です。

 

皆さんは車に乗った時にスマホをどこに置いていますか?

 

私はセンターコンソールや助手席に置いたりしていますが、車の揺れでガタガタしたり、最悪の場合は足元に落っこちてしまう可能性があります。

 

iPhoneを持っている人は、足元に落ちたショックで画面にヒビが・・・なんて最悪な状態は避けたですよね。

 

女性の場合はバックの中にスマホや携帯を入れている人も多いと思います。男性の場合はバックを持ち歩かず、財布と携帯だけをもって手ぶらで外出する人も多いはず。

 

 

狭い車内で邪魔にならず。できれば通知が確認できる位置にあって、置きやすくかつ取りやすい位置にスマホは置いておきたい。

 

既に様々な車内用のスマホホルダー(スマホスタンド)が販売されていますが、今回紹介するのはAmazonの「車&バイクカテゴリー」でベストセラー商品となっている『SmartTap Easy One Touch2』となります。

 

既に数週間使っていますが、さすがベストセラー商品と言われるだけあってめちゃくちゃ便利です!

 

私としては是非ズボラな人ほど使ってほしい商品です!

 

 

車載ホルダー「SmartTap Easy One Touch2」

 

EasyOneTouch3」が発売されました!

 

無接点充電「Qi」対応版も発売されました!

 

こんな方におすすめ

  • 部屋同様、車内も散らかっている人
  • ものを適当な場所に置いてしまう人
  • 整理整頓が出来ない人
  • 適当においた場所を忘れて探す手間は発生する人

 

「SmartTap」開封・外観

 

箱は思ったよりも小さめ。

 

「SmartTap」は1年の購入保証あり

 

箱の裏に記載があるように1年間の保証あり

 

 

「SmartTap」の梱包状態と外観

 

中に入っているのは下記3点

  • EasyOneTouch2 ホルダー部分
  • EasyOneTouch2 吸盤部分
  • 取扱説明書 兼 保証書

 

 

取説には設置方法のガイドもあるので、必ず一読して置いたほうがいいです。

 

注意

取扱説明書が「保証書」になっているので、最低でも1年は捨てないように注意。

 

 

「SmartTap」のホルダー本体と吸盤部分

 

色は黒のみ。材質はプラスチックですが、車内の振動にも耐える必要があるのでしっかりとした作りになっています。

 

「SmartTap」のスマホホルダー部分

 

ホルダー部分。左右に飛び出ているボタンを内側に押し込むことで上のアームが開きます。

 

アームが開いた状態で取り付けるスマホを押し付けることで、真ん中のボタンが押されてアームが閉じ、スマホを掴むシンプルな構造。

 

アームの開閉サイズは5.5~8.5cmのスマホに対応しており、主流の5~6インチサイズのスマホならほぼOKって感じです。

 

主なスマホの横幅サイズは以下の通りです。購入の際は自分のスマホのサイズを確認して置きましょう。

  • iPhone8:67.3 mm
  • iPhone8 Plus:78.1 mm
  • iPhoneX:70.9 mm
  • Galaxy S9:69mm
  • Galaxy S9+:74mm
  • Huawei P20:70.8mm

 

「SmartTap」の吸盤部分

 

吸盤部分。耐荷重は約1kgとメーカースペックに記載されています。スマホで1kgを超えるものは存在しないのであまり気にする必要はありませんね。

 

 

吸盤部分に保護シールが張り付いています。車に取り付ける時に剥がして下さい。

 

「SmartTap」の関節は固定式

 

角度は関節部分のノブを緩めることで調整しノブを締めることで固定が可能です。

 

車載用なのでノートパソコンのヒンジ部分のように可動するものではありません。車内でブラブラされても困るので(;´∀`)

 

 

ホルダー部分とはボールジョイントで接続されるので、スマホ装着後の向きや角度の調整はいつでも可能です。

 

「SmartTap」の全体像

 

ホルダーと吸盤部分の台座を接続するとこんな感じ。写真で見るよりちょっとデカイ?というのが正直な感想。

 

「SmartTap」は伸縮アームで長さ調整可能

 

伸縮アームは最大5cmの伸縮が可能。

 

固定方法は台座の関節部分と同じくノブを緩めて調整し、締めることで固定が可能です。

 

 

「SmartTap」を実際に車に取り付けてみた。

 

実際に車に取り付けてみるとこんな感じ。ほとんどの人が取り付けることを想定しているダッシュボードに取り付けてみました。

 

 

外から見るとこんな感じ。ポータブルナビをつけているような感じですね。

 

ちなみに、取り付けられているスマホは私が以前使っていた「Xperia Z1」。

 

※Xperia Z1 : 縦144mm / 横74mm / 重量171g

 

 

「SmartTap」の吸盤は垂直に貼り付けても問題なし!

 

私は「ダッシュボードには物を置きたくない派」の人間なのでダッシュボードには取り付けません。

 

購入する前から設置するならここ!と思っていた、助手席足元のサイドパネルに貼り付けてみました。

 

垂直かつ多少凹凸のある面に貼り付けることになるため、吸盤の吸着力が心配でしたがまったく問題ない感じです。

 

尚、貼り付けてから数時間後

 

これだとグローブボックス開けられん・・・(´・ω・`)

 

というアホな状態に気が付き場所を変更。

 

最終的に助手席前のインパネに貼り付けました(^_^;)

 

 

吸盤には2段階ロックがあり、ロックをすることで吸盤の吸着力が上がりよりガッシリと固定出来ます。

 

既にこの状態のまま数週間走行していますが、垂直状態の吸着も全く問題なく自然落下もありません。

 

ロックしていない状態

 

ロックしている状態

 

 

「SmartTap」のスマホの脱着方法(映像)

スマホの取り付け・取り外しも片手でらくらっく。

 

実際のスマホの脱着はこんな感じです。※手ブレに注意

 

 

 

スマホを掴むアームはスマホを取り付けたままホルダーを逆転してもスマホが滑り落ちる気配なし。結構しっかり掴んでくれます。

 

まぁ360度回転するので、わざわざ逆転させる必要はありませんけどね。

 

「SmartTap」のアームで側面のボタンを押しちゃう?

 

取り付けるスマホにもよりますが、スマホを挟むアームがスマホ側面の物理ボタンを押してしまう場合があります。

 

今私が使っている「Huawei P9」もアームで挟み込む付近に電源ボタンがありますが、押してしまうことはほぼなく、特に問題はありません。

 

 

「SmartTap」は取り付けたまま充電も可能!

 

スマホの底面を支えるアンダーバーは左右に移動が可能です。

 

iPhoneなどの本体下部分に充電ケーブルを取り付けるタイプのスマホでも、ホルダーに取り付けまま充電ケーブルを接続することが可能です。

 

無接点充電「Qi」対応のスマホを使っている人はQi対応タイプがオススメです。

 

 

 

「SmartTap」の吸盤の吸着力は?

 

ホルダーを取り付ける場所を吟味するために3~4回は脱着を繰り返しましたが、吸盤の吸着力の低下は感じられませんでした。

 

2段階ロックOFFの状態でも結構な吸着力で、剥がす時もホルダー本体よりも貼り付けたパネル側が心配になるレベルの吸着力です。

 

「SmartTap」を貼り付ける前には必ず清掃すること!

 

取説にも記載がありますが、貼り付ける部分は必ずアルコールティッシュで清掃してから貼り付けて下さい。油分も大敵ですが、今回のSmartTapの吸盤にとっての一番の敵は埃(ほこり)です。

 

 

SmartTapの吸盤は普通の吸盤と異なり粘着性ゲルパットになっています。

 

埃が付着してしまうと実質埃を取り除くことが不可能となり、埃のせいで吸着力がなくなってしまいます。取り付けの際は必ず清掃してから貼り付けて下さい。

 

 

「SmartTap」の吸盤タイプが嫌いな人向け

 

「SmartTap」には吸盤タイプ以外にも「エアコンクリップ型」と「CD スロット 型」の2種類が存在します。

 

 

エアコンクリップ型はエアコンの通風口の羽に挟んで固定するタイプ。CDスロット型はその名の通りCDスロットに差し込むタイプです。ただ、個人的には吸盤タイプをおすすめします。

 

理由として、エアコンの通風口は車種によってデザインは様々です。いくら汎用品とはいえ装着できない車種は必ず存在します。

 

私が乗っているSUBARU BRZなどのちょっと趣味性の高いクルマの場合。この手の汎用商品でうまくハマらないことが度々発生します。

 

CDスロットの場合は単純に装着場所がCDスロットの位置に完全に固定されてしまうため、よほどスペースがないクルマではない限りは吸盤タイプで問題ないと思います。

 

後々取り付け場所を変えたくなった場合、吸盤タイプの方が自由度が高いので初めて購入する人はよほどの理由がない限り、本当に吸盤タイプをオススメします。

 

「SmartTap」のネットの評価

男性

スマホを固定する時に押し込むことで固定できるのが楽でいい。

 

女性

しっかりと設置出来て、片手で着脱が出来るが便利。ちょっと無骨だけどw

 

男性

スマホのセットおよび取り外しは素晴らしいの一言。とても簡単でかつしっかりと保持してくれます。

 

女性

ワンタッチロック便利です。粘着ゲル吸盤は非常に強力で、一度ダッシュボードに取り付けましたが剥がすのに難儀するほどです。

 

オススメの車載用スマホホルダー「SmartTap」レビューのまとめ

今まで助手席に転がしていたスマホですが、しっかりとした「置き場所・設置場所」を設けることでかなり充実したカーライフが送れます。

 

車を降りる時に「スマホどこだっけ?」なんていちいち気にする必要もなくなります。

 

ただのスマホスタンドだろ?」と思われる方がほとんどだと思いますが、この商品だけは本当にオススメ出来ます。

 

自分でも正直まさかこんなにいい商品とは思いませんでした(;´∀`)

 

ズボラで適当な人ほどこの商品の便利さを痛感出来ます。ぜひお試しあれ(゚∀゚)

 

  • この記事を書いた人

KiRi

現役貧乏サラリーマン。仮想通貨をきっかけに投資に興味を持ち、現在では「iDeCo」や「つみたてNISA」など堅実な投資に勤しむ。貪欲に図太くしぶとく生きることが目標。

-自動車
-, ,

Copyright© KiRi-LOG , 2019 All Rights Reserved.